AGAの原因と予防法について

頭が痛い男性

男性型脱毛症のことを意味するAGAの原因は、親が薄毛だったことによる遺伝やジヒドロテストステロンが男性ホルモンに影響を与えることによる頭髪の成長不足などが挙げられます。また仕事や人間関係に問題を抱えていることからのストレスも、髪の毛が抜けたり生えてこなかったりする原因だとされているためAGAの発生要因のひとつだと言えるでしょう。
AGAの原因を個人で調べることはとても難しいと言えます。どうしても自身の薄毛や抜け毛の原因を知りたいというのであれば病院や増毛が行なえる専門施設などに行く必要があると言えるでしょう。自宅で自身のAGAの原因を調べる検査キッドなどが無い現状では、専門家の診断を受ける以外に知る術がないからです。
薄毛や抜け毛の原因は様々であると言えますが、親の薄毛から自身も将来的に頭髪が薄くなってしまうのではないかといった不安を抱えている方は、若いうちからとれる予防策を覚えておくといいでしょう。
では病院に行かずとも自宅で行なえるAGAの予防法としてはどのようなものが挙げられるのかというと、薄毛を予防する効果があるプロペシアやフィンペシアなどのAGA治療薬を飲む、髪の毛が抜けるのを防いでくれる育毛剤を使う、発毛効果が見込めるシャンプーを利用するなどといった予防法があります。
プロペシアやフィンペシアは病院で医師の診察を受けずとも個人で簡単に購入できるようになっているため、その気になれば10代の内からでも使用することが可能です。プロペシアは継続的な使用がポイントです。継続を考えると安く購入できる必要があり、それを考慮するとフィンカーがおすすめです。値段で選ぶならフィンカーの通販を利用することでより安く入手することができます。発毛効果が見込めるシャンプーは毎晩の入浴時に使うシャンプーの銘柄を変えるだけなので、こちらも楽に実行できるAGAの予防法だと認識しておいてください。ちょっとした努力でAGAの発症はだいぶ抑えられるため、家庭でできる予防法をいくつか試してみるといいでしょう。