助けて!AGAの治し方は?

薄いオレンジ錠剤

AGAを治す手段として内服薬を飲む方法があります。脱毛してしまう根本的な原因は毛髪の成長サイクルを乱してしまう物質が増加してしまうからですが、内服薬ではその物質を抑制することが可能なのです。抑制することで毛髪の成長サイクルが正常になりますから脱毛が改善され易い状態に導くことができます。
外用薬を用いた対策法もポピュラーですが、外用薬には発毛を促進させる作用があるのが特徴です。しかも一般的な育毛成分とは異なりれっきとした医薬品成分ですので高い効果に期待することができます。発毛実績も数多く存在する薬ですので治療の際にも用いられることが多く、有効なAGA対策として活用されているのです。
基本的にはこのような薬を利用して対策を行うのが主流なのですが、他にも治療法として注射を用いる方法もあります。注入する成分はクリニックによって異なる部分もありますので一概には言えませんが、多くの場合は内服薬や外用薬の成分を含めています。注射ですと有効成分をダイレクトに頭皮に注入することができる為、内服薬や外用薬として利用するよりもさらに高い効果に期待することができるのです。
自毛植毛をするのもAGA治療のひとつです。自分自身の毛根を移植する治療法ですが、確実性があるのが特徴と言えるでしょう。自毛を移植する場合は高い確率で定着させることができますので発毛する可能性が高く、また自分の細胞ゆえに拒絶反応が起こってしまうリスクも低いです。その為、一度の治療で発毛させられることが多く効果的にAGA対策を行うことができます。
なお、移植する毛根はAGAによる影響を受けていませんので移植をした場合でも再度抜けるようなこともないのです。