おかっぱでごまかせないAGAは費用を確認して治療を

心配する男性

薄毛になりやすい部分として、分け目の部分があって、薄くなっていることが目立ち始めた頃には、おかっぱなどのヘアスタイルにすれば目立たないようにできます。
ただし、おかっぱなどヘアスタイルで工夫しても、薄毛についての根本的な改善策とはならないために、症状がひどくなってきたときには、専門の医療機関を受診することがおすすめです。
近年では、薄毛を専門的に治療しているクリニックなども登場していることから、薄毛で悩んでいる人が本格的に改善を図れるようになってきています。
薄毛の原因についてはカウンセリングを受けるなどをして、遺伝子検査などによって調べる必要がありますが、最近増えている薄毛の症状としてAGAが注目されています。
AGAは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンと体内にある酵素が結びつくことで、頭皮のヘアサイクルが短くなる原因となるDHTというものが生成されてしまいます。
AGA治療を行っているクリニックでは、フィナステリドを成分として含んでいるプロペシアの処方を受けることが可能で、フィナステリドにはDHTと酵素が結合することを阻害できる作用があることから、薄毛の原因と考えられているDHTの生成を抑制できます。
そのためにAGA治療に有効性の高い治療薬として認可を受けていて、クリニックで処方が行われています。
ただし、プロペシアの処方には健康保険が適用されないことから、全額の費用を負担する必要があり、1か月あたりの治療費は1万円程度が相場としてかかるものと考えられています。
AGA治療は自由診療として行われていますので、クリニックによって費用が異なってくるものとなるために、事前にどの程度の料金の設定となっているのか確認しておくことがおすすめです。