Author Archives: Vergnes

睡眠の質を上げる事ができるグッズ

仕事をしていて体も精神も疲れ切っているにもかかわらずいざ夜になって寝ようとしても思ったように眠れないという事があります。それは疲れていても日中に過度なストレスを感じていることで常に体が緊張状態になっているために夜横になっても思ったように眠れないという事があるからです。このような時に無理に寝ようとしても眠れないです。しっかり緊張を解いてから眠る事が大事になります。では、実際にどのようにして体の緊張を解くのが良いかというと、アロマオイルを使うのが良いです。なぜなら、アロマオイルの香りを嗅ぐ事で脳の緊張を解いてくれるからです。日中仕事などでストレスを感じて体が常に緊張状態になっているせいで眠れない人の中にはアロマオイルの香りくらいで眠れるのかと思っている人もいるかと思います。ですが、実際はそのようなことはなくアロマオイルの香りを嗅ぐ事で心も体もリラックスできます。これで疲れ切った体を睡眠で十分癒す事ができるようになります。

では、どうして体が疲れ切っている状態であるにもかかわらず眠る事ができないかというと、十分な睡眠を取るためには心も体もリラックスした状態でないといけないからです。なので、いくら日中忙しく働いて疲れていても脳が興奮状態だと眠れないという事になります。そのような人も夜眠る時にアロマオイルの香りを嗅ぐ事で緊張の糸がほぐれて気持ちが落ち着いて上質な睡眠が確保できるようになります。体が疲れているから眠れるはずだと無理に眠ろうとしても自分が思っているのとは裏腹に緊張状態にあると多少眠る事できても上質な睡眠が得られないという事になります。ですが、眠る時にアロマオイルを使う事で自分でも気づけていない興奮した気持ちを落ち着かせて自然な眠りに誘導して質の高い眠りに導いてくれます。つまり上質な眠りに必要なのはどれだけ眠る時に気持ちがリラックスできているかという事です。

「子どもの好き嫌いを減らして美味しく食べてもらうコツ」

幼児食最中の2.3歳代の食事では、子どもの”イヤイヤ期”と被ってしまうこともあり、「〇〇の野菜はイヤ!」「お魚は絶対食べない!」なんていう悩みも起きがちです。今回は主に苦味野菜とお魚に分けて例を挙げつつ、美味しく食べてもらうひと工夫をご紹介します。 ①苦味系野菜は初めは柔らか調理で、他のおかずと混ぜる工夫も ビタミンなどの栄養価も高く、積極的に子どもに食べさせたいのほうれん草や小松菜などの葉物野菜やピーマンなどは独特の苦味が残りがちで嫌う子ども多いものです。苦味のある野菜は、とにかくしっかり柔らかくなるまで加熱をして十分に甘みを引き出すことと、好物のタンパク質系のおかずに細かく刻むなどの工夫をして混ぜて慣れさせることが大切です。特に旬のものは味も濃いので十分に加熱することで苦味をカバーする甘味も引き出されます。タンパク質は赤身豚挽肉のハンバーグや、鶏ひき肉のつみれなどに混ぜてしまうのがオススメです。肉類の持つ旨味で野菜の苦味をうまくカモフラージュしてしまいましょう。 ②魚類は生臭さとパサパサ感を取り除いて 子どもの丈夫な骨や筋肉のためにも食事に多く取り入れたい魚ですが、魚の持つ生臭さや、”パサパサとした食感”を苦手とする子どもも多いものです。そこで、魚を美味しく食べてもらうポイントは2つ、生臭さをしっかり取ることと、食感を食べやすく工夫することです。幼児食が食べられる年齢になると、使える調味料も増え、生姜やネギなどの薬味も少量であれば子どもにも与えられます。鮭のホイル焼きや、鰤の照り焼きなどを作る際は少量の胡椒や生姜、青ネギを使うだけで生臭さはグッと緩和します。また、パサつきがちな鱈や鯛といった白身魚は慣れるまでは白いご飯と混ぜご飯風にしたり、とろみを十分に効かせるといった工夫もお勧めです。最初から単品で食べさせるのではなく、徐々に魚の食感を学ばせながら与えていきましょう。 子どもの好き嫌いの起きやすい苦味のある野菜と魚ですが、どのコツも意識するだけで簡単に取り入れられる方法なので是非お試しください。

成長期の子どもには雲のやすらぎプレミアムが必須!?