抱こうとすると嫌がる犬の気持ちは?

抱くと嫌がって逃げようとする犬って意外と多いのです。
犬は飼い主には信頼しておとなしく抱かれています。
いっぽう、抱こうとする、逃げた理央暴れたりする犬もいます。
それは、その人間に対して警戒心を持っていたり、
過去になにか嫌な思い出があるからかもしれません。
例えば
抱かれた時に地面に落っことされて痛い思いをしたとかです。
あるいは抱かれること=犬猫病院で注射を打たれるとか・・
嫌な思い出に思い当たることはありませんか。
そういうだkぁレることを嫌っている犬を無理やり抱っこしようとすると、ますます犬はdふぁかれることを嫌がります。
しいては飼い主と犬の信頼関係を損ねることもにもなりかねません。
抱かれても平気な犬にするためには、まず犬の不安を取り除かなければなりません。
それには徐々に徐々に瘀鳴らしていくしかないのです。
まず人間が犬と同じ高さにしゃがみ込み、優しく犬に話しかけてあげてください。
話しかけながら、胸やあご、お腹など犬が気持ちよく感じる場所を撫でてあげます。
抵抗しなくなったら、犬の後ろ側に回り、肩のあたりを掴み後ろ足で立たせます。
ある程度一定時間立つことにまず慣らしましょう。
ある程度の時間立っていることにあまり抵抗尾が無いようになってきたら、その状態で片手を前足の下に入れ、もういつ峰の手で犬のお尻か下腹部を抱えて抱き上げてみましょう。
抵抗しなければ褒めた上げます。
さらにおやつを言挙げることも効果的です。
乾に「抱っこ」=「いいことがある」というイメージや経験を持たせるのです。
これを何度も根気強く行えば、やがて犬も抱き上げられることに抵抗しなくなると思います。

いくらチャレンジしても犬の方が嫌がったり、「キャン」と鳴いて逃げ出そうとするなら、もしかしたらなにか他の下人があるかもしれません。
足やお腹に痛みが発生している可能性もあります。
一度、かかりつけの獣医師の診断を受けてみるのもいかもしれません。
老犬 ご飯 食べない 余命

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です