現代医学でも治らないのが難聴!だからすぐに耳鼻科に行きなさい

「たかが耳鳴りくらいで」と耳鳴りを放置する人が後を絶ちません。
しかし、耳鳴りは需要な耳からの危険信号なんです。
放置していると難聴にまで進行してしまうこともあります。
ですから耳鳴りを軽く見てはいけないのです。
ただ、耳鳴りはやっかいな症状でもあり、病菌だけではなく精神的ストレスでもよく起こるからです。
ですかた皆さん放っておけば耳鳴りくらい治ると思ってしまいます。

しかし、みなさんい知っておいて欲しいのは難聴を完治させるのは現代の医学でもお手上げの状態なんです。
あくまで難聴の度合いを軽減するくらいしかできないのです。
ですから「他かが耳鳴り」と侮らないで、キチンと耳鼻科の医師の診断を受けましょう。

難聴には
・伝音音性難聴
・感音性難聴」
・混合性難聴
があります。

「伝音性難聴」とは外耳から内耳までの部分で「音」つまり空気の振動を大事に伝える機能に障害があるケースです。
具体的には「鼓膜の損傷」や「外耳道の閉塞」「腫瘍」「中耳炎の炎症」などがあります。
「感音性難聴」とは、内耳の蝸牛から脳の聴覚野まで空気の振動を神経に伝える電気信号に変え、音として感じる機能に障害があるケースです。
なかなか最新のCTやMRIなどの医療機器を駆使しても以上g他見つからないことが多いです。
「混合性難聴」とは伝音性と感音性の難聴が複合したものと考えられる難聴です。

ここで大事な原因は比較的特定しやすく、外科手術などで完全に治療することが可能なのです。
しかし、「感音性難聴」「混合性難聴」の治療は簡単ではありません。
それはどんな最新の検査機器を駆使しても原因が目に見えないためです。
血液検査をしても異常がないことも多いのです。

いくら次から次へと耳鼻科の大病院を渡り歩いても
「完治は難しいかもしれません」
と厳しい現実を突きつけられる難聴患者さんもいます。
まずは難聴のことを詳しく自分でも調べてみて、難聴の予防法やうまく難聴と付き合いながら生活していく方法を探していきましょう。
オリーブスマートイヤー 評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です