遺骨は早くお墓に入れなくてはいけないのか?

お墓の問題
これはみなさん頭の痛い問題でもありあmす。
それは
なにも決まっていない
からかもしれません。

多くの方が
「遺骨を早く埋葬しなくちゃ」
と焦るかもしれません。
でも、そもそも遺骨はいつまでに埋葬しなければならにという決まりはありません。
いちおう仏式では四十九日が一つの目安とされていますが、これも宗教や宗旨、地方の慣習によってさまざまなんです。
他にも
百か日までに
一周忌までに
などなどもあります。
檀家となている菩提寺からの指示をもらい
という方もいます。

いったいどれがいいのでしょうか?

正解は【いつでもいい】のです。
実は日本で今のような「遺骨を埋葬する」という習慣ができてきたのは日が浅いのをご存知ですか。
実は「火葬」自体が昭和の初めころから一般的になってきました。
それまでは火葬という習慣は一般的ではなかったのです。
ほとんどが火葬せずに土葬だったんです。
葬儀が終わるとそのまま棺を担いで「火葬場」ではなく「墓地」へ直行していたのです。
つまりほんの数十年前までは「当日に埋葬」だったんです。
火葬の普及はなかなか進まず明治後期でも都心部で10%弱だったんです。

つまり「火葬場で遺体を焼いてその遺骨をまず家に安置する」というスタイルはあくまで最近できたものなんです。
ですから「遺骨はいつまでにまいそうしなければならない」ということに古来からのしきたりや決まりは無いのです。
遺族の考えや都合に合わせて時期w決めればいいのです。

しかし、これが逆にわざわざ胃のこともありあmす。
「いつかお墓を建てて埋葬しよう」
そうい考えている間にすぐに時は断ってしまいます。
ずるずると遺骨を埋葬するタイミングを逸してしまう方も多いのです。
そうすると、遺骨を埋葬する側も高齢になってしまいます。
新しくbお墓を探して建てる気力も体力も亡くなってしまうのです。

決まりがないからこそ決めておく
父親が亡くなったのなら母親が亡くなって3回忌までに
相続した実家を売却した時にその資金でお墓を建てる
などなど
ある程度の予定は決めておきましょう
それが遺骨を埋葬するのに大切です。

いいお墓 評判 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です